ブログ

ブログ

船橋整骨院BLOG

八千代市 船橋整骨院 腱鞘炎
2020/11/12
八千代市の船橋整骨院です。今回は腱鞘炎についてお話していきます。よく、腱鞘炎と言いますが、手首の親指側の事をドケルバン病と言い小指側の事をTFCC損傷で三角線維軟骨の痛みです。特に主婦の方で家事や掃除などで腱鞘炎になることが多く、細かい作業もやりすぎると腱鞘炎になります。手首の熱感や腫れがでたら必ず氷水でアイシングをして冷やして下さい。逆に温めてしまうと悪化をしてしまいますのでお気を付けて下さい。
八千代市の船橋整骨院では、腱鞘炎の治療に力を入れております。当院でも手首の熱感や腫れがあればアイシングをして20分冷やしてきます。あとは、手首の周辺に超音波治療と前腕の筋緊張を緩めて痛みをとっていきます。出来れば毎日でも続けて治療していく事をお勧めします。治療しながら家事や細かい作業を並行してやってしまいますと痛みの強弱がでて治りづらくなりますので腱鞘炎でお困りの方は八千代市の船橋整骨院までお越し下さい。お待ちしております。
あなたへのおすすめ記事
禁煙 タバコ 喫煙所
スタッフブログ
富士山 登山
スタッフブログ
八千代台 腰痛 整骨院
スタッフブログ