ブログ

ブログ

船橋整骨院BLOG

八千代市 船橋整骨院 足首の捻挫
2020/11/12
八千代市の船橋整骨院です。今回は足首の捻挫についてお話していきます。捻挫に多いのは靭帯損傷で前距腓靭帯、踵腓靭帯です。基本的な捻挫ですと足首が内返しして靭帯が伸びてしまい炎症がでます。捻挫した直後はまだ熱感や腫れはでませんが、時間が経つにつれてどんどん熱感と腫れがでます。冷湿布やアイスロン、保冷剤は凍傷したり肌に負担をかけるだけしっかり冷やされてはいません。的確なのは氷水で直に冷やして20分アイシングをするのがベストです。絶対に温めてはいけません。
八千代市の船橋整骨院では、学生さんのスポーツをしてる子に足首の捻挫で来院される事が多いです。当院でも足首の捻挫で熱感や腫れがあれば氷水でアイシングをします。あとは、超音波治療しながら捻挫の治療をしていき状態に合わせて包帯固定やテーピングを貼っていきます。基本的には絶対安静で公式戦や大事な試合でどうしても出場したい希望があればご相談下さい。足首の捻挫でお困りの方は八千代市の船橋整骨院までお越し下さい。お待ちしております。
あなたへのおすすめ記事
禁煙 タバコ 喫煙所
スタッフブログ
八千代台 腰痛 整骨院
スタッフブログ
八千代台 腰痛 整骨院
スタッフブログ